美肌づくりのために実践していることについて

美肌づくりのために実践していることについて

美肌づくりのために実践していることについて

 

私は、20代後半に入ってから肌の乾燥とくすみやシミが気になるようになりました。何か対策をしなくてはと思い、化粧水を変えるなどの対策をしていたのですが、思うような効果を得ることができず、悩んでいました。そんなとき、テレビ番組で美容関連の放送をしており、そこでお風呂上りのホットタオルがいいということを知りました。お風呂上りに40度から42度くらいに温めたタオルで、顔全体を多い5分程度置きます。そうすることによって、顔の毛穴が開きその後の化粧水の浸透率がよくなるということでした。

 

ホットタオルは、水に濡らしたタオルを1分ほど加熱するだけでできるので、準備の手間もかからず毎日継続しやすいのではないかと感じました。40度ちょっとの温度は、顔を覆うととても気持ちがよくリラックスすることができました。お金をかけることなく手軽に肌ケアできるということで、芸能人の人も愛用しているようです。美容という言葉を聞くと、金額が高い美顔器や炭酸ミストなどを使わなくてはいけないイメージがありましたが、ホットタオルであれば経済的でいいなと思いました。

 

今まで季節を問わず、夏には店内のクーラーで肌が乾燥し、冬には空気の乾燥で肌がカサカサになるのが気になっていましたが、ホットタオルを始めてから少しずつ化粧水の浸透もよくなってきた気がします。プチプラコスメなども人気のものがあるようなので、今後自分に合うものを探していきたいなと思っています。